PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

澎湖旅行=桶盤嶼・虎井嶼・望安=

暑い!夏も始まったばかりなのに
38.6℃ってどういうことですか。

もちろんこれも地球温暖化の影響なのですが
来年、早ければ今年夏季にも台湾の平地で40℃にも
なるのではないか、と予想されています。

地球ダイジョウブかな。


==


台北でこんなに暑ければ
今頃灼熱の太陽が照り付けているであろう澎湖。

澎湖旅行記つづきです。

[前回までの記事]
澎湖旅行=跨海大橋・通梁古榕・仙人掌冰=
澎湖旅行=二崁聚落保存區・西嶼燈塔・西嶼西臺・清心飲食店・元泰大飯店=

2日目。(まだ2日目!)

*大きい地図はコチラ

澎湖でのレジャーは北海方面の水上レジャーか
南海方面の4島(or3島)島巡りの2つがあります。
今回は船に乗って南海島巡りへ。

penghu penghu
*小さい写真はクリックで大きく。
 

一番最初に着く島が桶盤嶼
馬公内港から10分ほどの小さな凹←こんな形の島。


penghu penghu


正直何もないです。徒歩で十分の小さな島。
島巡りは船での移動なので全て時間が区切られます。
この島での滞在時間は30分くらい。

写真の地図を見ていただけるとわかりやすいと
思いますが、古い火山口があるほか、この島で
有名なのは東、南、西に聳え立つ玄武岩の柱状地形
島の中ではわかりにくいですが島を少し離れてみると、

penghu

あれ?わかりにくい?
きれいに撮れるとこんな感じです。

さて、次は。第2の島



この虎井嶼という島は桶盤嶼よりも大きく
300人ほど住民がいます。島の半分は軍事基地。
バスかバイクレンタルかできますが見所&
時間もあまりないのでバスの方が○。(バス1人100元)
桶盤嶼から10分くらい。滞在時間約40分。


*野生のヤギがいっぱい!ヤギ&ウシ→すもも~!と叫ぶ2人。
penghu penghu
*丘の上にはこの土地出身の人で台湾本土で成功した人が
この島のために作った公園があり、ここから桶盤嶼もみえます。

丘を先に進むとあるのが南進指揮所
戦時中山本五十六が指示し、作らせた場所で
日本軍が真珠湾攻撃の際に活動拠点とした場所。

penghu penghu
penghu penghu

遠い場所で見つけた母国の歴史。
南進指揮所は政府によって修復されてしまったので
以前まで残っていた当時のテーブル等は撤去されて
壁もコンクリート。そっけない感じ。
そのまま残しておけばよかったのに。

この他にも虎井嶼には東岸沖にダイビングスポットもあり
伝説の虎井沈城が海底に眠っているともいわれているそうです。


第3の島。
虎井嶼から30分くらいで到着の望安。(この時点で船酔い。)


この島はバイク(または団体さんは観光バス)で移動。
滞在時間はお昼時なので食事時間も含めて2時間くらい。

この望安島は澎湖諸島の中で第4番目に大きな島。
絶滅危惧動物とされているアオウミガメ
(蠵龜)の故郷ともいわれています。

penghu
*望安の見所は☆ついたの3つ。
蠵龜観光保育中心・天台山・鴛鴦窟

penghu penghu
 

蠵龜観光保育中心はアオウミガメやその他の
絶滅危惧種のカメたちの展示物があります。
出口附近には本物のアオウミガメ。この子はケガを
した子で、保護している間この水槽で生活しているそう。

penghu
*澎湖八景の一つ天台山
ここからの景色はとてもきれいでした。

penghu
penghu penghu

鴛鴦窟は日本軍が戦時中に水上特攻隊の船を
隠していた場所。馬鞍山が屏風の役割をしていたようです。
今でもその形は残っていますが地元の人の話では
浸食による地形の変化などでやはり現在の形は
当時とは変わってしまったようです。
洞窟状の穴も埋まってしまっています。

鳥の声と海の音だけが聞こえる場所。




船での移動、虎井嶼~望安間で
一番恐れていた船酔いになってしまい、
望安でちょうど食事をするくらい時間だったのですが
まだ続く船旅を考えると食べられず。

たぬきさんは船の中で本を読んでも
大丈夫なくらい無神経なのでぜ~んぜんへいき。
移動中、話すドコロではないワタシを横に
ケータイでゲームしてたし…。!!(゚ロ゚屮)屮ドンダケ~

4島島めぐり、残すは有名なハート型のある七美

船弱い人はここから次の七美までが長いので
3島めぐりがいいかも。でもこの島巡り、
有名なのは七美のハートなんですよね…。

【3島めぐり】
馬公→(10分)→桶盤嶼→(10分)→虎井嶼→(30分)→
望安→(40分)→馬公

【4島めぐり】
馬公→(10分)→桶盤嶼→(10分)→虎井嶼→(30分)→
望安→(40分)→七美→(60分)→馬公

*季節風・風の向き・港の位置などによって時間差があります。


また長くなってしまったので次回。
つづく。


==

コッチもよろしくデス。

たいワンちゃ。

==

国際生活blog
ハート型まであと少し。
船旅は辛いよ。風に当たれば日に焼ける。
応援
ぽちっ!お願いします♡
台北生活blog
晴れの海が一番気持ちいい!
blogランキング参加中!
また長すぎて書ききれなかった~(・∀・)
まだまだ続く旅日記…スミマセン~。
記録として書かせてください~。
ホテルロビー&レストランの写真が
あったので「たぬきさんずぶぬれの回」に
upしました~。
スポンサーサイト

| 台湾旅行あれこれ | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちささん

小旅行にいいですよ~!
9月ぐらいがいいって聞きましたが台風も
多い時期ですよね。海がきれいです。ホント。
バイクで走っていてここで生まれ育ったら心も
ゆったり穏やかになるだろうな~って思いました。(´ ▽`).。o

野生のヤギにはび~っくり!
(すももにも似てるし!笑)

| kaori☆ | 2010/07/08 | URI |

私もそのニュース見ました。早ければ今年にも40℃超えって@@
空調の助成金制度をしっかり整えないと危ないですよね。

澎湖はやっぱり自然が美しい!
良いなぁ~今年の慰安旅行候補地に推してみようかしら。
島巡り、ウニ、海亀、やぎ、楽しみ一杯^^
ヤギ・・・台北に置いてけぼりで寂しくなったすいももちゃんが現れたかも?

| ちさ | 2010/07/08 | URI | ≫ EDIT

ピンボリさん

こちらこそお久しぶりすぎて恐縮です…。
更新サボっていたもので(;´Д`)

久々の船での移動だったのでグッタリ!
完璧に船酔いしている男の子がいて
かわいそうでした。行きは季節風&逆風
だったので外海がかなり揺れましたが帰りは順風
だったので1時間だったのに意外と平気でしたよ~!

| kaori☆ | 2010/07/07 | URI |

けんこうさん!

昨日コメしたんですができてます?
拒否ページが出てきちゃうんですよ~やっぱり。涙

今回の澎湖、2泊3日だったんですがはじめの
2日は曇りでラッキー!だったんです(o´艸`)
3日目に晴れを見てビビリました。全日程
晴れだったら今頃こげパンになっていたはず。
今は黒子です。
サボテンアイス!おいしいですよね?!
ネット上で見たら不評な意見が多かったので
「あれ?あたしやばい?」と思ったり。笑

| kaori☆ | 2010/07/07 | URI |

ちいさん

緑島の時は私は大丈夫でした!
45分くらいだったと思いますが、今回のように
ず~っと船で移動するわけではないので。
船弱い方には緑島のほうがいいかも。です。
さすがに台風の前後は怖いかも?!笑

| kaori☆ | 2010/07/07 | URI |

まささん

台湾なのに台湾じゃないところも
いっぱいあっておもしろかったです(。→∀←。)
そうですね~、多湿!でも最近はこの湿度も
暑さで飛んでる感じですよ!コワイ!

| kaori☆ | 2010/07/07 | URI |

お久しぶりです。
長い間こちらに遊びに来れずでした。
船旅お疲れさまでした。
私は船が苦手なので確実に酔ってしまいそうです。
旦那さん平気とはすごい!

私もハートが見たいです!

| ピンボリ | 2010/07/07 | URI | ≫ EDIT

ご無沙汰です!
ひさびさに遊びにきたら、更新復活されてて嬉しい!
お元気そうでよかった~。

しかし毎日暑いですよねぇ。
高雄は灼熱、殺人的な日差しです。
外に一歩でた瞬間、肌がじりじり焼ける音がしそう^^;

とはいえ、それでも、ポンフー島ほどではないかも。
1度しか行ったことがないのですが、
kaori☆さんの旅行記、楽しく、懐かしく拝見しました。
また行きたいな♪
もうちょっと涼しくなってから・・・。

サボテンアイスは「あり」だと思います!

| けんこう | 2010/07/07 | URI | ≫ EDIT

島巡りとなると船酔いはきついですね…
緑島も船で行ったお友達が揃いに揃って
「外海ですっごい揺れた!乗客の9割が酔ってた」って…
船は得意でも苦手でもないわたしですが、1割に入る自信がないです。涙

続きも楽しみにしてます~♪

| ちい | 2010/07/07 | URI |

こんばんは^-^
見れば見るほど 本土では味わえないものばかりだね
貴重な歴史の記録は 保存状態よくしないと
高温多湿だものね><
今回は 船でキツイ旅だったみたいだね

| まさ | 2010/07/06 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://taiwancha.blog68.fc2.com/tb.php/533-73fcc0a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。